横浜市青葉区あざみ野駅徒歩1分の歯科

  • HOME
  • インプラント
  • インプラントQ&A
  • サイト監修
  • その他の治療

インプラント

  • インプラント基礎知識
  • インプラント治療
  • インプラント症例
  • インプラントと歯周病
  • インプラントと顎関節症
  • 矯正治療とミニインプラント
HOME»  インプラント治療

インプラント治療

従来の治療との比較

ブリッジ

 

インプラント

ブリッジ

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

矢印

インプラント

健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

入れ歯

 

インプラント

入れ歯

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

矢印

インプラント

数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

  • ・取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の人工歯を入れることができます。
  • ・取り外し式の入れ歯でも、インプラントの上にしっかりと固定されますので
    通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけら入った時の痛みがありません。
  • ・インプラントによる人工歯は、天然歯と変わらない感覚で噛むことができます。
  • ・自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
  • ・噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
    楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

インプラント治療の手順

診断と治療計画

レントゲンなどによって充分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。

矢印

インプラント埋入

インプラント

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

矢印

インプラントと骨がくっつくのを待つ

インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6~24週間(骨の形状などさまざまな条件によって変わります)待ちます。
この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。

矢印

人工歯の装着

人工の歯を取り付けます。
手術2回式のインプラントの場合は、ここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。
インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。正しい歯磨きと半年に一度は定期健診を受けましょう。

インプラントに装着する歯の種類

インプラントの上に入れる歯には、大きく分けて下記の3種類の方法があります。

完全に固定する
インプラントのヘッドにセメントを用いて歯を装着します。

利点
・よくかめる。ネジ穴がないので見た目がきれい。

欠点
・トラブル(歯が欠けた)が起きたときに上部構造を壊してしまわないと取り外せない。

ネジで止める
インプラントのヘッドと歯をネジで止める。

利点
・定期健診などの時に歯医者さんではずしてもらい、インプラントと歯肉の境目を清潔にすることができる。

欠点
・ネジ穴が見える場合がある。

入れ歯にする
インプラントのヘッドに棒状または球状の維持装置を取り付け、入れ歯を固定する。

利点
・1本ずつ歯を固定するより安価。

欠点
・毎日取り外してきれいに洗浄しなければならない。

サイト監修:あざみ野アクア歯科クリニック 遠藤 富夫 歯科医院