横浜市青葉区あざみ野駅徒歩1分の歯科

  • HOME
  • インプラント
  • インプラントQ&A
  • サイト監修
  • その他の治療

インプラント

  • インプラント基礎知識
  • インプラント治療
  • インプラント症例
  • インプラントと歯周病
  • インプラントと顎関節症
  • 矯正治療とミニインプラント
HOME»  顎関節症とインプラントの関係

顎関節症とインプラントの関係

顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症とは顎の関節部分を中心としたいくつかの症状をもつ疾病の総称です。人によって様々な症状が出てくる病気であり、また色々な原因が重なって起こる特徴をもっています。


原因
  • ・歯並びの不良
  • ・片側噛み(いつも左右どちらかだけで咬んでいる)の習慣
  • ・抜けた歯の長期にわたる放置
  • ・不適切な歯科処理の結果(被せ物、入れ歯、ブリッジ)が適切な位置になく、顎の運動に調和していない
  • ・虫歯が多くある
  • ・歯ぎしりなどで大きく歯が削れている
  • ・低くなった義歯を長期で使用している
  • ・精神的なストレスによる筋肉の硬直

など噛み合わせが原因になっていることが多くあり、それが原因でさらに精神的ストレスの蓄積や、全身の抵抗力の衰えは『誘因』になります。

治療法

治療法

噛み合わせの改善が必要な場合(虫歯や歯周病によりうまく咬めていない)はまず、虫歯や歯周病の治療を行い、不適切な被せ物や入れ歯が入っている場合はそれを改善します。
特に噛み合わせの本数が少なくなって噛み合わせが不安定になっている場合は、インプラント治療を行うことにより噛み合わせを確立します。
対症療法としては、異常が筋肉、つまり咀嚼筋だけに限られている場合は、咬合調整するだけで比較的簡単に治すことができます。

もっと症状がすすんで下顎に偏位が生じている場合は、スプリント(マウスピースみたいなもの)を入れて噛み合わせを調整し、その方にあった噛み合わせの位置をいっしょに探していきます。(個性理想咬合)
その位置を決定し症状が消失した状態を確認してから、それに合わせた被せ物を作成していきます。

一般に若い人の場合は筋肉の異常である場合が多く、逆にご年配の方は噛み合わせそのものが狂ってしまい症状がでていることが多いため、まずは早めの検査が一番大切であり、早期の治療が症状の悪化を防ぐことになります。

サイト監修:あざみ野アクア歯科クリニック 遠藤 富夫 歯科医院